公正な採用選考について

事業主が労働者を雇用する際には、応募者の基本的人権を尊重し、適性や能力を基準とした、公正な採用選考を行なってください。

採用選考に際し、以下に関する質問内容は不適切です。

 

 本籍に関すること
 

本籍地は、本人の適性や能力に関係のないことですので、本籍についての詳細な質問はするべきではありません。まして、同和関係者の方を排除するような行為は絶対に行なってはいけません。 

 

 家族の状況等に関すること
 

家族の職業や健康、地位や学歴、収入や資産などは、本人の適性や能力に直接関係のないことですので、質問をするべきではありません。

 

 本人の思想に関すること
 

宗教や支持政党に関すること、また購読新聞など本来自由であるべき項目を、採用選考の際の基準にするべきではありません。

 

 採用のためのチェックポイント

 

 公正な採用選考の実施を(PDF形式)
このページのトップに戻る

厚労省人事労務マガジン 中小企業を経営されている方へ saitin280902.pngポルトガル語による労働相談 労働者派遣法が改正されました

第12次労働災害防止推進計画労災レセプト電算処理システム確かめよう 労働条件 労働条件相談ほっとライン  女性にやさしい職場づくりナビ

    

長野労働局 〒380-8572  長野市中御所1-22-1

                             Copyright© Nagano Labor Bureau.All rights reserved.