母性健康管理に関する措置の就業規則への記載について

     

             

 
 q02[1].gif     母性健康管理に関する措置について就業規則に定める必要はありますか?

  またどのように定めるとよいのでしょうか?

   

     

 
a02[1].gif      母性健康管理に関する措置が的確に講じられるためには、あらかじめその具体的な取扱いや手続について就業規則に規定しておくことが重要です。

 このとき、健康診査受診のための通院休暇制度、妊娠中又は出産後の症状等に対応するための休暇制度等特別の休暇制度を導入するような場合は、休暇に関する事項として労働基準法上当該制度の内容を就業規則に記載し、労働基準監督署へ届け出る必要があります。

  記載例についてはこちらをご覧ください。ダウンロードもできます! 

   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この記事に関するお問い合わせ先

雇用環境・均等室 TEL : 026-227-0125

厚労省人事労務マガジン中小企業を経営されている方へこころの耳長野県最低賃金ポルトガル語労働相談労働者派遣法改正 

第12次労働災害防止推進計画労災レセプト電算処理システム確かめよう労働条件労働条件相談ほっとライン女性にやさしい職場づくりナビ

    

長野労働局 〒380-8572  長野市中御所1-22-1

                             Copyright© Nagano Labor Bureau.All rights reserved.