36協定について

 労働者の過半数で組織する労働組合か労働者の過半数を代表する者との労使協定において、時間外・休日労働について定め、行政官庁に届け出た場合には、法定の労働時間を超える時間外労働、法定の休日における休日労働が認められます。この労使協定を「時間外・休日労働協定」といいます。なお、時間外労働時間には限度が設けられています。

※ 時間外・休日労働協定は、労働基準法第36条に定めがあることから、一般に「36(サブロク)協定」とも呼ばれています。

時間外労働の限度に関する基準(厚生労働省HPへリンク)

時間外労働協定(36協定)を締結したときの労働時間の延長の限度について示しています。

 

○時間外・休日労働に関する協定届の用紙は次からダウンロードできます。労働基準法関係主要様式(厚生労働省HPへリンク)

 

 

※ 総務省が運営する総合的な行政ポータルサイトe-Gov(イーガブ)の「時間外労働・ 休日労働に関する協定届(各事業場単位による届出)」に案内されます。直接リンクしておりますのでご活用下さい。

この記事に関するお問い合わせ先

労働基準部 監督課 TEL : 026-223-0553

厚労省人事労務マガジン 中小企業を経営されている方へ saitin280902.pngポルトガル語による労働相談 労働者派遣法が改正されました

第12次労働災害防止推進計画労災レセプト電算処理システム確かめよう 労働条件 労働条件相談ほっとライン  女性にやさしい職場づくりナビ

    

長野労働局 〒380-8572  長野市中御所1-22-1

                             Copyright© Nagano Labor Bureau.All rights reserved.